【柔らかくなるメカニズム】小田原のストレッチ専門店|#Reborn

query_builder 2023/09/11
腰痛肩こり頭痛体質改善姿勢改善
S__47693826_0

こんにちは!

小田原ストレッチ専門店#Rebornトレーナーの鈴木です!


9月になり少しずつ涼しい時間が増えてきて、

秋の雰囲気が見え隠れし始めましたね!


今回は、ストレッチで柔らかくなるメカニズムをご紹介していきます。


ストレッチの継続=体が柔らかくなる


と聞いたことがある方は多いかと思いますが、

それは果たして本当なのか!?

ストレッチで体が柔がかくなる順番は以下の通りになります。


ストレッチの継続

伸びる刺激への適応

筋肉内で4つの変化が起きる



〜4つの変化とは〜


①筋肉自体が長くなる

②伸びることに寛容になる

③筋膜が整う

④潤滑剤が豊富になる


この4つの変化を順番に説明していきます。


①筋肉自体が長くなる


筋肉は筋繊維でできています。

この筋肉=筋繊維が伸ばされ続けると、増殖や分裂を行います。

伸ばされる刺激が続くと、

「どうせ伸ばされるなら、もっと長くしておこう!」

というように、筋肉の『長さ』がUPしてきます。



②伸びることに寛容になる

筋肉内にはセンサーがある

(センサー:長さ変化を感知)


例えば、筋肉が強く速く伸ばされると「縮め!」といった様に負担を減らすための反応が起こります。

→これを伸張反射と言います。


ストレッチによって、伸ばされる刺激が長く続くと

伸張反射が起こりにくくなる。

「どうせ伸ばされるなら、対応できる様にしておこう!」

といった具合で伸びることに寛容になります。



③筋膜が整う

筋膜=筋肉を包むもの

いくら筋肉が柔らかくても、外側の筋膜が硬いと体は硬くなります。


筋繊維はガーゼのように配列で組まれて成り立っています。

「毎度伸ばされる方向に繊維の配列を整えておこう!」

という様に、筋膜が整うと、段々と筋繊維(筋肉)が伸ばしやすくなってきます。



④潤滑剤が豊富になる

潤滑剤=グリコサミノグリカン

(水&ヒアルロン酸のゲル状物質)


伸ばされる刺激が続くと

「ギシギシ(ゴワゴワ)を解消させてスムーズに動けるようにしよう!」

という様に筋肉の動きが良くなってきます。よって動きにスムーズさができます。



以上の4つの変化によって筋肉に柔軟性が生まれ

体が柔らかくなってきます。


共通点は筋肉が伸びる刺激への適応をしてきます。

伸びる刺激よりも固まる刺激が上回れば自ずと体は柔らかくなってきます。

ここでご自宅でセルフストレッチを行う際のポイントですが、

・最低でも3ヶ月は継続実施

・伸ばした状態でのキープ(10秒)


以上を意識して行なってみてください。


とは言ったものの、正直継続も10秒キープも中々毎日は難しいかと思います。


当店のストレッチを受けてくだされば、個人差はあれど、

1週間に1回の継続で体が柔らかくなってきます。

その為の『ストレッチ専門店』として、当店をぜひご利用して頂けたら幸いです。

----------------------------------------------------------------------

#Reborn

住所:神奈川県小田原市曽比1776 魚由ビル 3F

電話番号:080-4796-1952

----------------------------------------------------------------------