【腰痛に効果的!!】小田原のストレッチ専門店|#Reborn

query_builder 2023/12/25
腰痛姿勢改善
lumbar-pain_1155-10

MerryChristmas


小田原ストレッチ専門店のトレーナ鈴木です!!

クリスマス当日のブログは、【腰痛】の予防・改善に

効果的なストレッチすべき部位の紹介です!!


【腰痛】に効果的なストレッチすべき部位。

それはズバリ!『ハムストリングス』です!

そう、もも裏なんです!


ハムストリングスとは、太ももの裏の筋肉になります。

細かく説明すると、『大腿二頭筋』『半腱様筋』『半膜様筋』をまとめて

ハムストリングスと呼びます。


この、ハムストリングスが腰痛に影響する理由は2つです。


①ハムストリングスは、骨盤に付着している

→骨盤の筋肉バランスに深く関わっており、骨盤の上にある腰にも大きく関わってきます。


②太ももの裏には、坐骨神経と言う大きな神経が通っている

→この神経が腰痛に大きく関連しており、ハムストリングスが硬くなると、『坐骨神経』を圧迫して腰痛や、坐骨神経痛に繋がってしまうケースが多くあります。


ハムストリングスは、日常生活において、歩いたり、走ったりする上でとても大切な筋肉になります。

鍛えないほうがいいと思う方もいるかもしれませんが、鍛えないわけにはいきません。

鍛えた方がいいのか、またストレッチした方がいいのかなどは、人によって違うということです。

それを判断する上で、『姿勢』は、とても大事な判断要素です。


例えば、骨盤が後傾している状態で膝が前に出ているような方はハムストリングスを伸ばしたほうがいいかと思います。


要は、伸ばしたほうがいいのか、鍛えたりしたほうがいいのかといったことは、このように姿勢によっても変わってきますし、普段の身体の使い方の癖によっても変わります。

なぜ、「現在の姿勢や身体の使い方をしているのか」という所まで考えて、改善しない限りは、腰痛が改善するまでには至りません。


※ハムストリングスを伸ばす際の注意点

ハムストリングスを伸ばす際に、座った状態でつま先方向に体を倒したり、立った状態で前屈をする方がほとんどかと思います。

この時の注意点は2つ。


①上体を猫背にして、ハムストリングスを伸ばさないこと

→腰のも負担をかけてしまうだけでなく、上半身も姿勢が悪くなってしまう為姿勢は正した状態で体を倒して行きましょう!


②伸ばす際は、遠くに弧を描くように伸ばすこと

→押し付けるように、引っ張るように伸ばすと筋肉にかなり負担をかけます。呼吸を意識しながら遠くにスーッと伸ばすことを意識しましょう。


以上のことを、意識して【腰痛】の予防・改善をして行きましょう!!

----------------------------------------------------------------------

#Reborn

住所:神奈川県小田原市曽比1776 魚由ビル 3F

電話番号:080-4796-1952

----------------------------------------------------------------------